RENTAL OFFICE
contents

事務所設立TOP ECサイト構築 ホームページ制作 物品の販売を扱う多くの企業がECサイト構築

物品の販売を扱う多くの企業がECサイト構築

インターネットの世界ではEコマースといってネットで買い物できるシステムを導入している企業も多い様です。そして、ネットショッピングができる様なシステムを用意するにはECサイト構築が必要になってきます。

物品の販売を扱う多くの企業がECサイト構築をおこなっています。

今では、いろんな物がネットで買えるようになりました。例えば、メガネは本人にぴったりの物である必要があるため、実物を見る事ができないネットで販売するのは難しいと言われていました。

しかし、試行錯誤の結果、今ではメガネもインターネットから購入する事ができます。

売上のわりに利益率が低い大手ショッピングモールより、自社でECサイト構築をしてみませんか。

ECサイト構築の選択肢はいくつかある

ECサイト構築をする際、いくつかの選択肢があります。

1つ目は、全部自分でするか。2つ目は、ホームページ制作を頼んだ業者にお願いするか。3つ目はECサイト構築を専門にしている業者にお願いするかになります。

ECサイトはオープンソース(無償)なので、頑張れば自分で出来ます。書店にいっても関連の書籍があるので自信がある人はお奨めですが、はっきり行ってハードルは高いです。最低限、サーバーの知識がないとインストールすら上手く行かず、時間を無駄にしてしまうことになります。

ECサイト構築を考えているなら、間違いなく業者にお願いするほうが良いでしょう。

ECサイト構築とホームページ作成時のデザイン依頼について

ホームページ作成時のデザイン依頼についてですが、先に依頼主サイドでよく草案を練っておきましょう。打ち合わせであえてゼロからコミュニケーションを重ねて作り上げていく、という戦略もありますが、全くのノープランでは専門会社のスタッフをただただ困らせてしまいます。少なくてもコンセプトの概要だけでは社内でまとめておきたいところです。ECサイト構築にあたり、どういったターゲット層に、どういったイメージを持ってもらいたいか、この問いかけが肝心です。

例えば、ターゲット層が若い女性であれば、ファンシーでフェミニンな雰囲気がある外観でECサイト構築をした方がベターです。

若い女性であれば、スマートフォンやノートパソコンでネットサーフィンをする事が多いのではないでしょうか。あまりテキスト量が多いとECサイトの内容が正しく伝わりませんので、最小限の説明文に留め、またネット初心者の方々にも分かりやすくするように、イラストやQアンドAの項目を増やす等、ターゲットを策定すれば自ずとECサイト構築のための色々なコンセプトがかたまっていきます。

ホームページ作成までにそういった大まかな方向性を固めていき、細かい色やレイアウト等は、実際に担当のスタッフとコミュニケーションを交わして完成図を上げていく、こういったデザイン依頼のやり方がオススメです。

メニュー

pick up

コンテンツ案内

こちらのサイトでは貸事務所などに関する情報を掲載しています。 今から事務所を立ち上げようと思っている方や新しく支社を増やそうと考えている方など みなさんの役に立てるサイト作成を目指しています。

メニュー紹介

事務所設立 :事務所の設立に関するページ
メリット・デメリット :貸事務所のメリット・デメリット
事務所選びの方法 :選ぶときに注目したいポイント
必要な設備 :事務所設立に必要なものは?
サイト案内 :当サイトについて

 

お気に入りについて

信頼と実績のサイトを紹介しています。
貸事務所のことだけではなくさまざまなジャンルを扱っています。