RENTAL OFFICE
contents

事務所設立TOP 債務整理大阪 いくつか方法がある債務整理

いくつか方法がある債務整理

近年、カードでキャッシングやローンを組むことが多くなり、その手軽さもあって、次第に債務が膨れ上がるようなことも問題になっています。

そのため、カードを作るにあたっては、収入や他での債務や残金などによって、利用限度額に制約を加えるなど、各社工夫もしています。

しかしながら、大手銀行まで消費者金融に乗り出す昨今、大手ならば安心と益々気軽にカードを作る人が増えているのが事実で、複数枚持つ人も多くいるようです。

債務で悩む人が出てもしようがないような現状と言えなくもありません。「計画的に」などと謳ってはいますが、なかなか計画的に返せなくなり、債務整理をしなければ、にっちもさっちも行かなくなる場合も多々あるわけです。

平成22年6月に、グレーゾーン金利が廃止されましたが、それ以前から消費者金融などを利用している人ならば、過払い金の返還を請求することができます。

また、返済額が多く生活するのが大変だと言う方には、返済方法を模索し、生活の建て直しを図るべく債務整理をすることもできます。

債務でお悩みの方は、支払うために新たに別の金融会社から借金をするようなことはせず、一度弁護士などに相談してみることをおすすめします。

債務整理にはいくつか方法があるので、状況に応じた方法で経済生活が再生できるように取り計らうことが可能です。相談だけは無料でしているところも多いので、一度相談してみると良いでしょう。

弁護士に依頼した債務整理費用の支払方法

債務整理を弁護士に依頼する時に、その費用に尻込みすることがあるかもしれません。お金がないから借金を整理をしたいのに、そのためにさらにお金が必要だとなれば躊躇するのは当然です。

しかし、高いお金を払っても借金が減れば生活は楽になります。弁護士費用も無理なく支払うことができます。例えば任意整理の手続きを行えばその期間中は借金の返済が停止されるので、その期間中に費用を分割払いで積み立てることができます。

もしも借金で苦しんでいるのなら、いつ終わるのかわからない借金を返済し続けるよりも、費用を払ってでも弁護士に依頼して債務整理をしたほうがよいでしょう。無理のない費用の支払い方法についても相談にものってもらえます。

債務整理を自分ですることは可能?

自分で債務整理をする事は不可能ではありません。その際には素直にクレジットカード会社に支払いができないと伝えて、和解を申し出る事になります。クレジットカード会社としては弁護士に債務整理を依頼されると遅延損害金までカットされる可能性があるので、きちんとした収入がある人であり、尚且つ支払いの意思があると認められた場合には個人での債務整理にも応じる可能性があります。

しかしクレジットカード会社や消費者金融によっては支払いができないと伝えても要求に応じてもらえない場合もあり、その際には弁護士に依頼するのが良いです。

債務整理の種類について弁護士に解説してもらおう

毎月借金返済に追われるようになってしまい、家には督促状や電話が来るようになってしまった、そんな窮地に立たされているならば、できるだけ早期に債務整理を行い、健全な家計に立て直さなければなりません。

近年では、債務整理という言葉も、いろいろな媒体を通して聞かれるようになっているので、借金問題は解決できるものという認識を持つ方も増えていますが、債務整理の方法にもいろいろあるので、まずは自分の置かれている状況を説明し、弁護士に診断してもうことが基本です。

債務整理についてのメリット、デメリットをわかりやすく解説してくれるので、借金総額だけではなく、家族構成や仕事などもすべて隠さず話しましょう。

債務整理は多重債務解決の第一歩

借金問題に苦悩する場合、家族や友人に事情を知られたくないというパターンも多くあるものの、多重債務に一度困ってしまうと、なかなか抜け出すことは簡単ではありません。インターネットなどでも様々な情報が出回る中、どのような債務整理の方法を使えば良いのか、自分で具体的に判断することは難しいものです。しかし、気軽に相談できる専門機関は大阪を中心に多く存在しています。

現状から債務整理が叶うまでの道のりについて、気軽に相談することができ、一人ひとりの状況に適したアドバイスを受けられます。さらに、無料で取り扱ってもらえる機関もあります。

自己破産などの債務整理の期間

自己破産には2種類の方法があり、同時廃止手続きの方法と管財手続きの方法があります。どちらの手続きをするかによって、かかってくる期間は変わってきます。同時廃止手続きにおいては平均的には、3ヶ月かかると言われています。

また、管財手続きの方法においては、通常では6か月以上かかるとされています。ケースによっては1年以上かかってしまうケースもあるそうです。しかしながら少額管財事件という制度があり、2ヶ月から3ヶ月ほどの期間を目的とされた、迅速化されている制度もあります。いずれにしても債務整理の場合においては、多くの手段がありますのでそれぞれと比較した上で決めていくことが必要になるでしょう。

メニュー

pick up

コンテンツ案内

こちらのサイトでは貸事務所などに関する情報を掲載しています。 今から事務所を立ち上げようと思っている方や新しく支社を増やそうと考えている方など みなさんの役に立てるサイト作成を目指しています。

メニュー紹介

事務所設立 :事務所の設立に関するページ
メリット・デメリット :貸事務所のメリット・デメリット
事務所選びの方法 :選ぶときに注目したいポイント
必要な設備 :事務所設立に必要なものは?
サイト案内 :当サイトについて

 

お気に入りについて

信頼と実績のサイトを紹介しています。
貸事務所のことだけではなくさまざまなジャンルを扱っています。